子供を授かれないのは男性不妊が関係している可能性アリ

子供を授かれないのは男性不妊が関係している可能性アリ

悩む男性

男性不妊の定義とは

男性不妊とは男性側の生殖機能に問題があるため、子供ができることが難しい状態であるということです。詳しい定義としては精子の数が少ないことや極端な場合、全くないとされる状態があります。こちらはまれなケースですが、生まれつきの体質で全くないという人も中にはおられます。場合によっては手術して取り出すことも可能です。

男性不妊の治療方法

男性不妊の治療方法として、一般的に用いられるのは漢方薬の処方です。漢方薬の種類は体を温める効果のあるものや排尿の機能を良くする目的で処方されます。漢方薬を続けることで体質が改善され、男性不妊の傾向を回復されていくことが可能です。また、デスクワークの人に不妊傾向があると言われているので、適度に席を立つなどの動作を取り入れるようにアドバイスされています。

精子の質を改善するにはどうしたらいいのか

昔から大切にされている健康的な生活を送ることです。適度な運動とストレスの少ない生活をこころがけることなどです。このことは一般的なことですが、ストレスフルで忙しい現代人には実践しにくいことでもあります。特に仕事をする人にとっては顧客先とのやり取りや上司との関係で仕事上のストレスを抱える人も少なくありません。

優良なクリニックの特徴

カウンセリングが受けられる

クリニックのスタッフからの適切なアドバイスやカウンセリングが受けられることは大切なことです。経験を積むことができない体験なので、多くの事例を持つ医師などから正しい方向性を教えてもらうことができます。

通院が続けやすい場所にある

クリニックは妊活が長引くなど場合によっては長く通院することもあります。長期間の通院が可能なように職場や自宅から通いやすい場所を選択するとベストです。

周辺などで評判が良い

クリニックの評判が良いことも選ぶ上での大切な要素です。インターネットももちろんですが、本で探すことも可能です。本では調査を行った上で情報提供が行われています。

同性の医師が在籍している

不妊治療は悩みなど心のデリケートな部分にふれることです。そのため、同性の医師に担当の希望が出せるように在籍しているクリニックを選ぶと良いでしょう。

広告募集中